その後のニャンズイラスト

談話室壁面
談話室壁面

私は現在、株式会社白鳳堂の季刊誌『ふでばこ』で挿絵を描かせて頂いてます。

甲斐美都里さんが書かれる文章で『ここ掘れニャンニャン』というコーナーです。

コーナー名の通り、猫が関係します。

 

 

今迄5枚の猫の絵を描いてきましたが(絵はworksのillustrationからご覧になれます)、その原画全てを筆者の甲斐さんにお譲りしてきました。

少し前に4枚目と5枚目をお渡ししたのですが、甲斐さんからメールが届きました☆

 

『 一昨日、頂いた4枚目と5枚目も展示しました。
  やっぱり3枚より5枚並んでいるとステキ度が増量です。
  確実に数倍は増量。
  有難うございました。 』


実際飾られた状態を見るのは嬉しいですね〜(^-^)
因みに画像のタイトルは『士官談話室壁面』でした。
甲斐さんはめちゃくちゃ面白い方なのです(笑)

 

スー子ちゃん
スー子ちゃん

甲斐さんのお宅には、可愛い可愛いにゃんこが2匹おるのです。

この写真に写ってるのはスーちゃん。お疲れカナ?w

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    モリゲン (日曜日, 07 8月 2011 20:43)

    中学校の時の呼び名でコメントです。
    と言っても?かもですよね。
    それはさておき、ニャンずのシリーズはこんなに有ったのですね。これからもどんどんいろんな設定の猫たちが生まれるのでしょう。何となくこの猫達の性格とか勝手にイメージしながら拝見しました。

  • #2

    nanamonda (日曜日, 07 8月 2011 22:58)

    ☆モリゲンさん
    ・・・色々考えたのですが、残念ながら解りません。。
    気になって仕方ないので、よかったらcontactからメッセージお願いします。

    猫の絵は一番最近のものがタッチがガラリと変わったので気付かれない方もいらっしゃるのですが、以前から描かせて頂いてます。
    私も描くときは色々性格考えたりして描いてます。

nana's blog

猫展終了&グループ展のお知らせ
>> 続きを読む

展示案内 猫展
>> 続きを読む

新作グッズ発売のお知らせ
>> 続きを読む

一筆箋販売のお知らせ
>> 続きを読む

ヨーロッパとの御縁
>> 続きを読む